22話 ロシアの歴史

 

 

—ラスコーリニコフと大黒屋光太夫—

 

岡市敏治

 

 

  ドストエフスキーの『罪と罰』、トルストイの『戦争と平和』は世界文学の至宝である。過酷な専制君主国家ロシアで「いかに生くべきか」を問うたインテリゲンチャの苦悩は、ロシア革命へと突き進む。

 

 帝政ロシアのあくなき東方侵略の先に鎖国日本があり、伊勢の漂流民大黒屋光太夫の酷寒ユーラシア大陸横断の大冒険を生んだ。

 

 

1.『罪と罰』はロシアを震撼させた

 

 

 帝政ロシア1865年のある夏の夕暮れ、どこの何者だかわからぬみすぼらしい服装をした一人の青年がペテルブルグの街をうろつきながら何のことやらわからぬことをつぶやく。「一体あれが俺にできるのだろうか。そもそもあれがまじめな話なのだろうか。」

 

 このみすぼらしい服装の青年こそ、ラスコーリニコフである。ラスコーリニコフは聡明な頭脳と優しい心を持ちながら、貧困と激しい疑惑によって何もかもめちゃくちゃにしてしまった憐れな肩書だけの大学生であって、それ以外の何者でもない。そして、この2日後には質屋の老婆の頭上にラスコーリニコフの斧が振り下ろされ、鮮血が床に飛び散る。読者はいやおうなく、この世にも奇怪な人殺しを行う青年インテリゲンチャの内部世界の住人となる。

 

 彼と共に犯罪心理の紆余曲折をたどったあげく、斧が振り上げられ、血が流れる様を読者は息を殺して眺め、吐息をつく。それはまるで着物の端を機械の車輪にはさまれて、その中へじりじりと巻き込まれていくのと同じであった。それがラスコーリニコフにとって、決行ということであった。まさに何もかもこの通りでなければならぬ。仮にあれが自分であったとしても他にどんなふうにできたであろう。

 

 ドストエフスキー(Dostoevskii182181)の『罪と罰』は18661月から雑誌「ロシア通報」に掲載され始めたが、ラスコーリニコフの殺人の場面が誌上に現れたのとほとんど時を同じくして、モスクワで同じ事件が現実に現れた。ある大学生がラスコーリニコフとほとんど同じ動機から、金貸業の男を殺して金品を強奪した。

 

 1866年という年はロシアのどこへ行っても『罪と罰』事件で話は持ちきりだった。ロシア中が『罪と罰』病にかかっていた。『罪と罰』という血なまぐさい事件がロシアに突発し、人々は何とも知れぬ新しい恐怖に捕らえられ、恐怖はたちまち伝染した。

 

 ドストエフスキーは『罪と罰』でラスコーリニコフという新しいハムレットを描いた。それは『ハムレット』に劣らぬ成功を博したといえるだろう。『罪と罰』はいかに生くべきかを問うたある「猛り狂った良心」の記録である。ドストエフスキーはラスコーリニコフという青年によって、ロシアのインテリゲンチャの悲劇が語りたかった。ラスコーリニコフは苦行者である。

 

 19世紀ロシアの国民のほとんど9割が農村に住んでいた。そしてその過半が農奴であった。農奴制は西欧諸国では中世末から近代にかけて消滅したり廃止されたが、ロシアでは18世紀にさらに強化された。農奴は土地所有権を否定され、領主の私有財産権として扱われた。土地及び家族を切り離されて売買され、奴隷制と何ら変わらないものになっていた。

 

 ロシアは西欧のように複雑な社会でなく、皇帝(ツァ-リ)と農奴だけで、その中間にインテリゲンチャがいた。ツァ-リの君主権、国家権力は他国に比し、圧倒的に強力な専制君主制である。その専制君主制がロシアでは建国以来1000年間続いた。これは驚くべきロシアの特色である。

 

 ドストエフスキー             

 

ラスコーリニコフを演じるゲオルギー・タラトルキン

 

 

2.トルストイとドストエフスキーは怒れるロシアのインテリゲンチャ

  

 

 ツァーリの独裁していたロシアは、西欧のルネッサンスも宗教改革も経験しなかった。この大経験以後蓄積された西欧の教養がロシアに入ってきたのは19世紀半ばである。そして、これを受けとった役人にも軍人にもなりたくなかったインテリゲンチャは旧態依然たる独裁国家に暮らしていた。政治活動は無論のこと、政治思想の発表にも自由はなかった。あらゆる新思想が政府の監視下にあった。外来の新思想にかき立てられたインテリゲンチャの燃え上る思いは、もっぱら文学のうちに集中された。文学は彼らの憤懣(ふんまん)と絶望の産物であって、彼らには()みつく家はない。ロシアのよう国に居を構えるのは罪悪である。

 

ここで敬愛する思想家小林秀雄に登場してもらおう。

 

 ロシアの19世紀文学は、一と口に言えば、本質的に革命文学である。例えば、トルストイに人道主義を読んだり、ドストエフスキイにキリスト教主義を読んだりしているのは、私達の呑気(のんき)な文化環境がさせた業で、二人を裸にしてみれば、無政府主義的革命家の顔が現れるのです。文士になるとは文士という自由職業に従事する事ではなかった。そのような暇は誰にもなかった。ロシアの近代思想史とは即ちロシア近代文学史に他ならないが、それは又ロシアのインテリゲンチャの歴史に他ならない。

 

ロシアのインテリゲンチャと言いますが、インテリゲンチャ(intelligentsiia)という言葉はロシア語なのです。苛烈な専制の愚劣と無言な国民の圧力との間に挟まれて、如何に生くべきかを問う、この極めて困難な問いの吐け口を、一と筋に詩や小説や文芸批評の中に求めたロシアにしか見られない人々を、ロシア語でインテリゲンチャと呼ぶのです。ロシアの19世紀文学ほど、恐ろしく真面目な文学は、世界中にありません。文学は書かれたというより、むしろインテリゲンチャによって文字通り生きられた。人間如何に生くべきかという文学の中心動機だけが生きられた、と言った方がよい。ゴーゴリとかトルストイとかいう大作家を遂に断食で死なせたり、のたれ死をさせたりしたのも、それが為だ。(小林秀雄『ソヴェットの旅』)

 

 

3.ラスコーリコフの斧は爆弾となって皇帝を倒す

 

 

 ロシアのインテリゲンチャに最も強く作用した外来思想はソシアリズム(社会主義)であった。『罪と罰』を書いていたときのドストエフスキーは43歳であるが、その15年前の28歳のドストエフスキーは、社会主義を研究するペトラシェフスキー事件に連座して死刑判決を受けた。彼はまぎれもなく過激派であった。刑の執行直前に、刑場に皇帝の赦免状が届いて、銃殺直前のドストエフスキーは、シベリア流刑(10年)に減刑されるという劇的体験をした。文学という仮面をかぶるのに苦心したロシアのインテリゲンチャの言葉には、銃殺とシベリア流刑とが賭けられていたのである。

 

 ラスコーリニコフが持っていたのは、言葉ではなく斧であった。この狂った魂はうえている。い無かに賭けている。彼の斧はやがてテロリストの爆弾となってアレクサンドル2世(AleksandrⅡ:在位185581)の前で炸裂する。アレクサンドル2世暗殺執行委員会の地下運動は執拗につづけられ、1881年ついに7回目の加害が成功する。ドストエフスキーが死んで間もないころである[1]次はアレクサンドル3世の暗殺計画だ。レーニンの兄はアレクサンドル3世暗殺の陰謀で、19歳で処刑された(1887)。1917年のロシア革命で、レーニンが兄の(かたき)を討ったのは、誰れも知るところである。

 

 

 4.大平原国家ロシアの悪夢

 

 

 ウクライナのキエフ(Kiev)にロシア人の国家ができたのは、9世紀である。(9世紀といえば日本では貴族文化が栄えた平安時代だよ。)このキエフ国家は、ロシア国民のなかから生まれた国ではない。海賊を稼業としていたスカンジナヴィアの隊商たち(ヴァイキング。実質は軍隊)によって()てられた。彼らは海から川を逆のぼって内陸に入り、先住していたロシア農民を支配して国をつくった。風俗も言語もまるで違う国家権力を代弁する少数の一団と、国民となったロシア農民とはその教養を全く異にしていたということが、ロシアの歴史の最大の悩みとなった。そしてこの事情はラスコーリニコフの時代まで続くのである。

 

ここで第20話の「ユーラシア模式図」を思い出してほしい。

 

ユーラシア模式図

 

  ユーラシア大陸中央部の乾燥地帯は悪魔の巣窟。

  この地域から遊牧民が暴風雨のように文明社会に襲いかかった。

 

ロシアの東側には巨大な乾燥地帯(ユーラシア中央部)があるだろう。ここはオアシスの点在する砂漠かステップで、その(ふち)に森林ステップとサバンナがある。ここは悪魔の巣窟なのだ。紀元前の昔から匈奴(きょうど)やフン族、モンゴル族などの強悍なアジア系遊牧民族が東からウラル山脈を越えて次から次にロシア平原にやってきては、わずかな農業社会の文化があると、それを荒らし続けた。人類は農耕をすることで食の安定を得、定住するということで文明を築いてきた。ところが、遊牧民はそういう定住文明に対する同情なき破壊者であり、略奪者であった。

 

 ロシア国家の成立が遅かったのもこの事情によるし、できた国家も極端な独裁者体制で、西ヨーロッパのような封建制度は成立せず、したがってブルジョアジー(市民階級)も育たず、農奴制のまま専制君主国家が1000年間つづいた。広大な国土をもったロシアは、まことに(つら)い国なのである。

 

 

5.259年間続いた「タタールのくびき」

 

 

12世紀末、モンゴル高原で黒い竜巻のような勢いが発生した。周りの遊牧民族を斬り従え、その勢力は西方へと伸び、イスラム圏を火のように焼きつくした。チンギス汗の世界制覇が始まった。西征はチンギス汗の孫バトウに受け継がれる。

 

 当時ロシアの平原には都市が出来上がりつつあった。その代表的な都市であるモスクワは、バトウ率いるモンゴル遊牧民族によって破壊しつくされ、キエフも瓦礫(がれき)の山となった。モンゴル軍はロシア平原に居すわってキプチャック(Kipchak)汗国(12431502年)を建国する。

 

 以後ロシアにおいて「タタール[2]のくびき」といわれる暴力支配の時代が続く。わずか1万人足らずのモンゴル騎馬民族が、259年にわたって広大なロシア平原を支配したのである。その支配は徹底した収奪であり、ロシア農民は半死半生になった。収奪を可能とする実質はすべて軍事力であった。

 

 このころ西欧では「人間の発見」ともいうべきルネサンス(Renaissance)が進行していた。近代ヨーロッパを誕生させたルネサンスの200年間、ロシアは「タタールのくびき」によって文明世界から遮断され続けていた。しかし、15世紀後半になってモンゴルの軍事力にかげりが見えてきた。それは弓矢の騎馬軍の迫力を無にしてしまう小銃(火器)のためであった。134世紀までユーラシア大陸のおそるべき花形であった遊牧民族は、この火器の登場によって世界史から退場させられるのである。

 

 

6.ピョートル大帝と女帝エカチェリーナ

  

 

      ピョートル大帝