―ぼくたちはどこから来たのか なにものか どこへ行くのか―

ヨーロッパの孫に聞かせる日本と世界の歴史

 

 これは、ヨーロッパの13歳の少女への日本の祖父(Opa)からの手紙である。世界史を勉強すればするほど日本の歴史というのは世界でも第一級の歴史であるということがわかる。「君のMamaの生まれた日本の国はかなりすごいよ。」ということをヨーロッパの同時代史と対比させながら話を進めようと思う。日本の特殊性と普遍性が明らかになってくるだろう。ヨーロッパの孫のRespectをかちとるのは容易なことではない。(本稿はNPO Help Nepal Assosiationの機関誌に2011年5月から連載中)

 

第1話 宇宙の始まり(2011年5月)

 僕たちはどこからやってきたのだろう。宇宙は138億年前のビッグバンによって誕生。気の遠くなるような時間をかけて星が生まれ、銀河ができた。地球も僕たちの人体もあの夜空に輝く星のカケラからできている…。

 

第2話 不思議の国ニッポン(2011年11月)

 日本は非白人国で唯一ヨーロッパの植民地になることからまぬかれ、世界でもトップクラスの文明社会を実現した。

梅棹忠雄『文明の生態史観』からその謎を読み解く。

 

第3話 アルファベットと日本語の起源(2012年4月)

 日本語はどこから来たのか。日本語は孤立した日本列島の豊かな縄文の森で1万年かけて育まれた言霊。文字をもたなかったが、1500年前中国から伝わった漢字を訓読みにし、併せかなを発明して日本語化した。これは世界言語史上の奇跡。

第4話 複式簿記は人類最高の発明(2012年7月)

 複式簿記は中世ヨーロッパが生んだ人類最高の発明である。取引勘定を右と左に分けるだけで決算書が出来上がる。これによって、近代資本主義躍進の原動力となった企業の会計言語が確立した。

 

第5話 宇宙138億年の物語(2012年11月)

 ビッグバンから90億年後に太陽系と地球が誕生した。地球に最初の生命(細胞)が現れたのは、38億年前。1.5億年前(ジュラ紀)は恐竜の全盛時代だった。1000万年前のアフリカで、森林からサバンナに進出した類人猿が直立の2足歩行を始めた…。

 

第6話 人はなぜ山に登るのか(2013年3月)

 ヒマラヤ7000m峰で体験した低酸素下での過酷な高所登山。人はなぜ生命の危険を賭してまで山に登るのか。登山はルネッサンス以降の近代ヨーロッパで誕生した。文明史的視点から登山の魅惑を解明する。

 

第7話 人類の教師ソクラテスと孔子(2013年7月)

 2500年前のギリシャ文明は、ルネッサンスによってヨーロッパに復興する。ソクラテスを頂点とする古代ギリシャ文明は、ヨーロッパの学問と芸術の淵源であり人類史の奇跡。ソクラテスの哲学、さらにはその生と死をたどる。

第8話 現代の聖者(2013年12月)

 これはNPO法人理事長だったある山男の物語である。1980年、カラコルム氷河で彼の所属する山岳会の後輩(25歳)がクレバスに落ちて遭難した。残されたただ一人のパートナーは、18m下のクレバスの奈落から友をザイルで吊り上げようと試みるが…。

 

第9話 人類の教師 ソクラテスと孔子(後編)(2014年3月)

 孔子は中国史で「春秋戦国時代」と言われる乱世を生きた人類最高の学者、教育者である。その学問を政治に生かす道は閉ざされ、不遇の生涯となったが、孔子とその弟子の言行録『論語』は、2500年後の今も道徳と行動の最良の規範である。

 

第10話 ヨーロッパ近代と江戸時代(2014年7月)

 近代ヨーロッパが戦争と革命に明け暮れていた17世紀から19世紀、日本は「江戸時代」と呼ばれる絶対君主制の時代で、ひとり平和と繁栄を謳歌していた。その秘密を「鎖国」と「参勤交代」、「武士道」によって読み解く。

 

第11話 中国の歴史(2014年11月)

 中国文明はエジプトやメソポタミアと同じ時代に黄土高原に誕生し、以来4000年以上も途絶えることなく続いている。だが漢の時代から明、清に至るまで2000年余に亘り皇帝専制国家であり続けたことが近代になって悲劇を生む。

 

第12話 『坂の上の雲』の時代(2015年3月)

 18世紀、イギリスに誕生した産業革命がヨーロッパを帝国主義国家に変貌させた。19世紀後半、ロシアは満州の軍事力を増強し、極東への圧力を強めつつあった。明治維新を経て近代国家になったばかりの日本に危機が迫る。

第13話 『坂の上の雲』の時代(後編)(2015年7月)

 明治30年代、子規は病床にあって日本の俳句と和歌を革新する。その友人漱石は、日本語文章語と「国民文学」を確立した。日本海海戦においては、東郷艦隊はロシア・バルチック艦隊を撃沈、日露戦争を終結させた。

 

第14話 ニュートンはどうして引力を発見したの(2015年12月)

 コペルニクスの地動説はヨーロッパ・キリスト世界を震撼させた。地動説を支持したガリレオは宗教裁判に。続くケプラーの惑星3法則がニュートンの引力発見につながる。その200年後、アインシュタインの重力波理論によって引力発生の謎が解明された。

 

第15話 アメリカ合衆国の歴史(2016年4月)

 アメリカ合衆国は400年前、ヨーロッパからの宗教難民によって建国された。ヨーロッパ白人移民、アジア系先住民、アフリカ系黒人からなる多民族国家アメリカは、超大国となった今も、人種差別という難題を抱えている。

 

第16話 極限状況化のリーダーシップ(2016年6月)

 探検や登山において、リーダーシップは隊員の生死にかかわってくる。南極探検のアムンゼンやシャクルトンのリーダー行動から理想のリーダーシップスタイルを導き出す。そしてそのようなスタイルのチームを作れば、凡庸なリーダーでも強いリーダーシップを発揮できることを自身のヒマラヤ「クーラカンリ初登頂」体験から検証する。

第17話 ヒマラヤはどうしてできたの(2016年11月)

 ヒマラヤ8000m峰のテッペンにアンモナイトやウミユリなどの海の化石がある。ヒマラヤは1億年規模の大陸移動によって、インド亜大陸がユーラシア大陸に衝突、テチス海の底が隆起して、形成された。プレートテクトニクス理論の謎に迫る。

第18話 サムライの時代(2017年7月)

 中世ヨーロッパの封建制が育んだ騎士道は、同時代の鎌倉時代に誕生した武士道とその高貴な精神において一致する。世界の両端に位置するヨーロッパと日本でのみ発達した封建社会が市民革命を経て両地域に近代社会を実現させた。

19話 イスラム世界(2017年11月)

 イスラム教とキリスト教国の文明間の衝突が世界に頻発している。それは貧しい発展途上国と豊かな先進国家との闘いでもある。しかし世界史を紐解くと、中世1000年間はイスラム教国がヨーロッパをはるかにしのぐ豊かな文明世界だった。

20話 近代ヨーロッパはどうして世界を支配できたの (2018年7月)

 ユーラシア大陸の西突端にある広大ともいえない世界史辺境の地が、近代以降に歴史の重要な舞台となった。ヨーロッパがなぜ近代社会のモデルとなるような『国民国家』を創り出し、世界の富を支配し、文化をリードしたかはひとつの謎である。その謎に迫る。