世代交替 新社長の誕生(2017年6月)

会長 岡市敏治

 

1965年  神戸大学工学部卒業  中小企業診断士 技術士(経営工学部問)

     

1986年  神戸大学チベット学術登山隊長 クーラカンリ峰(7554m)初登頂指揮

          

2016年~ 枚方市・交野市茄子作南土地区画整理組合 理事長

         

 

代表取締役 岡市哲郎

 

2004年 京都大学法学部卒業

    

2003年 後継者として当社に入社

2013年 宅地建物取引士 登録

2016年 行政書士    登録 

 

 

取締役 総務部長 岡市裕子

 

2005年  東京大学文学部卒業

 

2015年   取締役として当社に入社

新社長 岡市哲郎の抱負(2017.6.26)

 

このたび、取締役会の総意を得て、社長の大役を仰せつかることになりました。

 

 前任の岡市敏治社長が33年前の昭和58年に株式会社コスモ情報センターを創業され、ここまで成長した当社をお引き受けするのは、身の引き締まる思いがいたします。

 

社長就任にあたり、一言ご挨拶申し上げます。

 

私が当社の経営・運営にあたり、重要と考えていることについてお話します。

 

私が大切にしたいキーワードは3つの漢字「愛」「縁」「筋」です。

 

まず一つ目の「愛」についてです。いきなり私事で申し訳ないのですが、私は趣味でギターを弾き、歌を作ります。そこでのテーマは「愛」です。それにちなんで、私は「愛」ある会社を築きたいと考えています。会社とはもちろん、人間の集まる場所です。そこには、思いやり、優しさ、厳しさ、苦しい時、悲しい出来事があるでしょう。そのすべてを包含する概念が「愛」なのです。そして愛ある会社を実現する重要なツールがコミュニケーションです。コミュニケーションは学問の対象ともなる難しいものですが、当社の経営理念にもある自己研鑽とは、コミュニケーションのためにあると言っても過言ではありません。

 

二つ目の「縁」についてです。これは私の好きな仏教用語の一つです。当社の事業の大きな柱である、不動産賃貸業は、テナント=「お客様」あってのものです。このお客様は、様々な人達の「縁」があって当社と取引があります。そして、このご縁を大切にする会社として、大切なことは、「来るもの拒まず」そして当社の敷居をまたいだ以上、「一期一会」の精神で人と接することです。この精神で人と接すれば、当社にとって本当に無用な客は、二度と現れないはずです。

 

 最後に3つ目の「筋」です。もちろんこれは、会社として、そして社長として、筋を通すということです。これによって、当社は筋力のある会社、体力のある会社となるでしょう。これは経営理念にもある、「経営基盤を強固で持続可能なものとする」ともつながるものだと確信しております。

 

 以上の3つの漢字を理念とする会社を実現するためには、不断の努力と皆様の協力が必要不可欠です。

 

 どうぞよろしくお願い致します。