中小企業への経営相談

 

中小企業にとって健全な経営基盤は、企業の安定と成長に必要な土台です。

そのためには、適切な経営分析を行い、適切な経営戦略を立てる必要があります。当社会長は中小企業診断士、技術士として過去30年間、中小企業の経営指導に

あたってきました。

 

主な活動内容は次の通りです。

 

 <中小企業の経営指導>

  •  経営戦略の構築
  •  人事・労務制度の作成と指導
  •  生産管理の指導。

 

 <中小企業大学校、姫路工業大学大学院、産能大学講師としての活動>

  •  後継者の育成
  •  管理者の育成と教育

 

 <複式簿記による経営分析指導>

 

複式簿記の仕組みを学ぶことで自社の財務分析ができるようになる研修を20年間以上続けています。地方自治体などの公的会計でも複式簿記による財務諸表が導入されてきており、公務員にとっても必須の知的インフラです。